NERVE CORE SYSTEM

 

神経を深く追求し、

本格的な仕組みを理解する。

 

そして…

神経内、神経外に加わる緊張を見つけ、それを緩和させる治療を手に入れる。

 

これが、本セミナーの目的となります。

 

痛み、痺れ、感覚障害、筋力低下などの症状に対して、

一般的な神経を多数に区分する構造物として考えてしまうから、

症状を変化させることが難しくなっているのかもしれません。

 

そうではなく…

 

『1つの器官として考える』ことが大切になります。

 

なぜなら、一部の神経に変化が生じると全身に影響を与えてしまうからです。

 

これは、神経が連続性を有する組織形態であるがために生じてしまうことです。

 

もちろん、神経以外の組織も連続性があり同様のことが言えます。

 

また神経は、

他の組織に対してインパルスを流す。

神経伝達物質で情報を流す。

多種多様に受け取るメッセージを調整する。

様々な関連した運動に対応する。

この役割を果たすために、

『複雑で解剖学的に適応したシステム』

が神経には組み込まれています。

 

そのため、セミナーでは以下の2点に重点をおきセミナーを進めていきます。

 

・神経は常に内因性と外因性の応力を受けやすいため、神経の構造や走行を理解し、

力学的接触領域を把握する。

 

・神経組織やそれに関連した組織が正常に働いているか判断し、

内臓や脈管系の関係性の理解を深める。

 

神経を深く知りたい方。

神経に対する治療が苦手な方。

治療が楽しくないと思う方。

など…

 

ぜひ、Nerve Core System で一緒に学びましょう。

 

ご参加お待ちしております。