ACT事務局 神経マニアの内藤健による「神経周囲系の特性と機能解剖」 セミナーを開催いたします!

ACT事務局で随一の神経系に対する知識と技術を持ち、神経マニアと称される内藤健による神経系セミナーを開催いたします!

数ある臨床の中で、神経系に対するアプローチによって多くのクライアント様が改善するのを経験し、より神経系に対して学びを深めたという経緯があります。ACT事務局内で「神経は内藤に聞け」と言われるほどの存在です。

 

 

以下、講師より。 

 

神経は全身に張りめぐらされた情報ネットワークであり、各部の情報を中枢神経や脊髄に伝えることによって,身体の恒常性の維持や的確な運動がなされています。

神経は身体の中で最大限に保護されるような場所が提供され、さらに神経周囲には脂肪や脈管系などの結合組織があるため応力を避けることができる構造になっています。

しかし、保護している結合組織の硬度が増すことで痺れや痛み、筋力低下、感覚障害が生じている場合は、少なくはないかと思います。

神経系に対して介入する際に、神経の構造、神経内や神経周囲の結合組織に対する解剖学的な知識は重要だと考えています。

今回のセミナーでは、神経周囲系システムについて説明した上で、神経内や神経周囲の結合組織に対する知識を整理し、実技は肝門部と正中神経に対して介入をしていきたいと思います。

 

神経系に対するアプローチに興味がある方。

痺れや痛みに対して苦手意識がある方。

マッサージやストレッチしかわからない方。

 

是非ご参加下さい。

 

詳しくはこちらから。