人体に触れ、組織を感じる「解剖学から診る組織アライメント〜腹腔と骨盤腔〜」を開催いたします!

人体に触れ、組織を感じるセミナー第3弾です!

 

講師は飯山赤十字病院に在職し、信州大学大学院にて人体構造学を専攻されている小出貴史先生をお招きいたします。

大学院では実際に解剖をされている小出先生です。実際に解剖しているからこそわかる知識や治療方法などをご教授していただきます。

 

以下、講師より

 

今回のセミナーは腹腔内と骨盤腔内の解剖学について、筋膜などの結合組織や脈管系、臓器に焦点を当ててお話しさせていただきます。

腹腔や骨盤腔内、ましてや臓器なんて触れることができないし、アプローチもできない、そう考える方も多いと思います。

しかし、腹腔や骨盤腔は的確に触診しアプローチすることで様々な組織に対して大きな効果をもたらす重要な部位です。

今回のセミナーではその術をお伝えできればと思っています。

 

解剖学が苦手な方も、解剖を知って臨床を変えたい方、とても魅力的な内容となっています。

是非ご参加ください。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    西村 晃 (木曜日, 13 4月 2017 13:44)

    4月19日の小出セミナー申し込みをお願いいたします。