理学療法士が考える食事について

長野中央病院で理学療法士として活躍されている森谷新太郎先生より食事についてお話ししていただけることになりました。

森谷先生はBiNI COMPLEX JAPAN認定セラピストでもあり、幅広い知識と技術を持っています。

そんな先生より理学療法士が考える食事と題して、様々な角度から食事を捉えていただきます。

 

以下、講師より

 

「私が超高齢者や脳卒中後遺症の慢性期維持期の方に対するリハビリを行ってきて感じたことは,いつまで食事をおいしく食べてもらえたらいいなということです.しかし,摂食嚥下機能って,理学療法士からするとどこか関係のない領域だと考えがちですよね.また,専門分野でないこともあり介入することが出来てもとても難しそうと感じてしまいます.でも食事動作と考えればそれは間違いなく運動であり,理学療法士が関わりを持てる領域と言えませんか.今回は私なりの食事に対しての考え方や治療方法,摂食嚥下機能の基本的な知識をわかりやすく小児の発達過程と照らし合わせてお話をさせて頂きたいと思います.

また,在宅,施設,病院に関係なくクライアントに対しては理学療法士だけでは対応は十分ではありません.日常的なケアである口腔ケアや食事前の嚥下体操,シーティングやポジショニングを行うこともリハビリであり,介護士,看護師,セラピストの他職種でクライアントの食事を支えているということを考える場としても活用して頂きたく思い,セラピスト以外の職種の方たちにも参加をして頂ければと思います.」

 

 

理学療法士の視点から考える食事。

セラピストだけでなく、介護・看護に携わるすべての方々に聴いて欲しいですね。

是非ご参加ください。

 

お申し込みはこちらから。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Loyd Timm (金曜日, 03 2月 2017 21:45)


    If you want to obtain much from this paragraph then you have to apply these techniques to your won blog.