肩関節は難しいゆえに面白さがあります!

肩関節は難しいですよね。自由度が高く色々な影響を受けやすい部位ですし、機能解剖もちょっと複雑です。

平成26年5月10.11日と肩関節の系統的評価と手技を基礎から学んでいただくセミナーを企画いたしました。

講師はアメリカで徒手医学を学んだ 松本大士 先生 です!

講習会を通して,病態評価と機能評価,客観的な評価と反応を捉える主観的評価を分けて考え,かつそれらを系統立てる評価能力を身に付けることを目的とします。また,評価内容を理解して上で,臨床で多くみられる肩関節の反応に応じた手技の紹介までを行います。

臨床を行えば行うほど基礎が大切だと痛感します。ご自身の応用のために是非とも松本先生の提供する基礎を学んでいただきたく存じます。