「積極的保存療法」 今年は基礎と応用でみっちりと

「積極的保存療法」スポーツ障害の評価と治療のコンセプトとテクニックを学んでいただきます。シンプルかつ独創的ですが結果がちゃんと残ります。スポーツ障害のみならず一般整形外科のリハビリテーションにも十分応用できる部分があります。

 このコンセプトには多くの方々に触れていただきたいため、今年は長野東京で基礎編を行います。

 応用編も相澤病院(長野県松本市)で開催されます。応用編の要綱は下記よりダウンロード可能です。↓

ダウンロード
積極的保存療法(応用編)
相澤病院スポーツ障害研修会(応用編).pdf
PDFファイル 68.6 KB